外壁塗装で綺麗な家にする~快適生活をゲット~

塗料を選ぶ

Home environment

価格と性能が比例しやすい

水性、油性を問わず大量に塗料があり、分かりにくい面も住宅外壁塗装にはありますが、基本的にその施工価格は施工面積と用いる塗料が大きく反映されています。 特に塗料は種類によって顕著に価格が違ってくる上に、その価格は塗料のそれぞれの性能に比例して上がる傾向があるため、値段に見合った塗料は何れも耐用年数や体制などが優れています。 例えば安価で1平米あたりの単価で1000円ほどとなる、アクリル系塗料は性能面では耐用年数が一番主要な塗料の中では短い傾向があります。逆に光触媒塗料といった高価な塗料は耐用年数が商品によっては30年もあり、長期間の住宅保護を約束しています。 住宅の外壁塗装ではこのように値段と塗料の性能が比例し易いため、価格はかなり重要なファクターとなります。

洋式塗料の日本での発達

漆を使った塗料は大昔から日本でも生活や神事においても用いられてきましたが、現在の外壁塗装で用いられるような住宅塗料は西洋塗料の一種です。それが本格的に流入してきたのが、明治時代に入ってからであり、最初の洋式塗料の国内生産は明治14年のことです。 その後も洋式塗料の国内生産量の増加と共に、外壁塗装の需要も高まり続け、現在ではファインケミカルやエレクトロニクスなどの様々な分野でも日本の塗料は用いられています。旅客機やステルス戦闘機に使用される塗料も日本製のものが広く用いられているなど、幅広い発展を見せています。 住宅の外壁塗装の分野においても同様で、近年は光触媒塗料を用いた、環境にも優しい住宅塗装も可能となっています。